ボルトテンショナーの製品特長

HOME > ボルトテンショナー製品 TOP

ボルトテンショナー

ボルトテンショナーの特長一覧

  • ボルトエンジニアのボルトテンショナーは軸力管理によるボルト締付けのため、
    トルク管理よりも高精度な締付けができます。油圧でボルトを引っ張り、
    引張荷重をかけて締め付けるため、座面との摩擦の影響がありません。
    「直接ボルトに軸力をかける」ので正確に締付けることができます。

  • ボルトの締付け時、ねじらないので摩擦熱が発生せず、ナットとフランジ面のかじり
    やネジ部の焼付きが起きません。 その為、特に大型ボルト締めに推奨です。
    またボルトに曲げや、ねじれ応力も発生しません。
    油圧トルクレンチのように反力を取る必要がなく、フランジ面も傷めません。

  • ボルトテンショナーは複数の大型ボルトを同時かつ均一に締付けができます。
    (フランジボルトを40本同時締付も可能。複数台を使えばフランジの片締めが起きません。)

  • 当社テンショナーは全て欧州圧力機器指令PEDに準拠し、欧州安全基準 CEマークを認証取得。

  • 最高300MPaまでの高圧を使うことにより、製品をコンパクトに軽量化。

  • 大型ボルト・ナットの締付け軸力管理に最適なシステム。
    (アンカーボルト、基礎ボルトの締付け作業にも活躍。)

  • 狭い箇所や座面の小さいスペースでもボルト締めが可能。
    用途に合わせて、タービンケーシングボルトなど最適なカスタマイズをして製造します。

  • 使用にはボルトの突き出しが、最低ボルトの直径分以上の長さが必要です。
    (ケースによってはボルトの変更が必要になります。)

  • ボルトテンショナーの人気お勧め機種はこちら

  • 東京スカイツリーのボルト締結実績

  • ボルトテンショナーは「販売・レンタル」ともに行っています。
    ボルトテンショナー・レンタルサイトはこちら

フランジボルトの締め付け

フランジボルトをボルトテンショナーで同時並行締め。

圧力容器のボルト並行締め

圧力容器のフランジボルト並行締め。バラつかず均一締め

ボルトテンショナーで熱交換器の大型ボルト締め

熱交換器の大型ボルトをボルトテンショナーで並行締め

ボルトテンショナーでM100の大型ボルト締め

M100大型ボルト締め作業。テンショナーで軸力管理

風力発電のブレードボルト締め用ボルトテンショナー

風力発電ブレードのピッチベアリングボルト締め。

M72の大型ボルト締め(高炉フランジボルト)

製鉄所の高炉フランジボルトM72のボルト締め

GE 9FAガスタービンのケージングボルト締め

GE 9FA ガスタービンのケージングボルト締め。特注仕様

特注ボルトテンショナー

特注ボルトテンショナーでタービン全数ボルト均一締め。

GE 9FAガスタービン用のボルトテンショナー

GE 9FA ガスタービンのローター用のボルトテンショナー

ボルトテンショナーのスリーブ交換型:タワークレーンのM48ボルト締め

タワークレーンの大型アンカーボルト。M48ボルト締め

シールドマシンの組立。M48ボルト締め

地下鉄トンネルのシールドマシンの組立。M48ボルト締め

水中のボルト締め用 Subsea型ボルトテンショナー

Subsea型テンショナー
で海中のボルト締め。

M90のフランジボルト締め

ボルトテンショナーでフランジボルトの締結

油圧ボルトテンショナーのプーラー交換型

油圧ボルトテンショナーM90ボルト締め用

マルチスタッドテンショナー

マルチスタッドテンショナー
ボルト全数均一締め。

ページ先頭へ