ボルトエンジニア・ニュース

HOME > NEWS詳細

2016.07.01

関門橋 ケーブルバンドボルトのボルトテンショナー実績

関門橋の補修工事

関門橋のケーブルバンドボルト

ボルトテンショナーでM33ケーブルバンドボルトの締付け

ボルトエンジニアのボルトテンショナー納入実績
関門橋の大規模補修工事で、ケーブルバンドボルト取替工事に
「ボルトテンショナー」が使われました。

海上の古いボルトのためサビが酷く新品と交換。
メインケーブルには何本ものハンガーロープが、ケーブルバンドによって
固定されています。それを固定するM33ケーブルバンドボルトには高精度な軸力管理
のボルト締めが必要とされることから、当社のボルトテンショナーが使われました。
ケーブルバンドボルト250本、
ウィットネジW50、M33ボルト締め・緩め作業用。
またボルトの軸力調査のために超音波軸力計も使用。

ボルトテンショナー 使用機種:特注 BT150T-33 最大軸力 791 kN
超音波軸力計 使用機種:エコーメーター ECM-1

ボルトテンショナー・プーラー交換型
日経新聞:関門橋が開通40年「あと100年」目指し大改修
前に戻る