ボルトテンショナーの仕組みと構造

HOME > ボルトテンショナーTOP > ボルトテンショナー仕組・構造

ボルトテンショナーの構造

ボルトテンショナーの仕組みについて2分で分かる動画

ボルトテンショナーとは、油圧の力でボルトを引っ張り上げて
ナットを座面に着座させて締め付ける軸力管理の油圧工具です。
引張荷重をかけて締め付けるため、トルク締めのようなネジ部や座面との
摩擦の影響がありません。「直接ボルトに軸力をかける」ので正確に締付けることができます。

ボルトテンショナー(油圧テンショナー)の仕組み説明。油圧の力でボルトを引っ張ります。

ピストンとシール

新ピストン・シール旧ピストン・シール

  • ボルトエンジニアのピストンシールは「自己潤滑性シール」です。
    結晶性の度合いが高い樹脂のため摩擦係数が極めて小さく、ほとんど磨耗しません。
    このような性質を自己潤滑性と言い、ボルトテンショナーの繰返しピストンと
    なめらかな摺動性を実現しています。

  • シールはコンポジット材を使用し、非常に高い耐摩耗性で長寿命です。

ボルトテンショナーの特注製作やカスタマイズ

テンショナーのサポートスリーブ

円形のブリッジ部(サポートスリーブ)を直線に削った加工例。

ブリッジをカットした設計

ボルトピッチが狭い場所でもブリッジをカットした設計も可能。

ボルトテンショナーの締め付け

油圧ボルトテンショナーの締め付け。トミーバーで回します。

ページ先頭へ