ボルトの同時締め付け・並行締め作業のよくあるご質問

HOME > よくあるご質問一覧 > ボルトの同時締め付け

ボルトエンジニアの製品・サービスについて頂く、よくあるご質問についてお答えします。

Q

複数のボルトを同時に締め付けたい

A

当社、油圧ナットやボルトテンショナーで複数ボルトの同時締め付けができます。油圧ホースで連結して瞬時に「複数のボルトを同時かつ均一に締め付ける」ことができます。
フランジボルトを一度に40本同時締め付けなど納入実績多数。

油圧ナットとボルトテンショナーはボルトの締め付け時にねじらず、引張り荷重をかけて締め付けるため、座面やねじ面との摩擦の影響がありません。「ボルトに軸力を掛けて直接、軸力を管理できる」ので正確にボルトを締め付けることができます。


一般的なトルク法の締め付けの場合、
トルクはナット座面の摩擦に50%、ねじ面の摩擦に40%が消費されてしまい軸力に変換されるのはわずか10%です。
そして同じトルク値で締め付けても面の状態、使用する潤滑剤が変わると摩擦係数が変わり、軸力は ±30% 程度大きくバラつきます。
ボルト締めラボ(トルク法で締め付ける場合のポイント)


トルク法でボルトの軸力を安定させようとトルクレンチで対角締めを仮締め、本締めと二段階締めを行い、さらに100%トルク値の本締めを何度も繰り返す二度締め作業が必要になり、大変な労力と作業時間がかかります。
しかし、それでも摩擦の影響を受けて軸力はバラツキます。フランジボルトなど円周上に配置されたボルトの締め付け軸力を均一に締め付けることは、非常に大変で難しいと言えます。軸力管理工具であれば解決できます。

ボルトの同時締め付け事例、ボルト並行締め作業


油圧ナットでボルトの同時締め付け(軸力管理)
ボルトテンショナーでボルトの同時締め付け(軸力管理)
軸力とは?

ボルトの同時締め付け(並行締め)のお問い合わせ・ご相談