油圧ワッシャー(油圧ナット)導入事例:M100の大型ボルト締め作業 91%コストダウン

HOME > 油圧ナットTOP > コストダウン事例・油圧ワッシャー

複数のボルトを同時かつ均一に締付けて軸力管理する油圧ワッシャー(油圧ナット)。最大軸力:7,950kN

油圧ワッシャーの特長

  • 油圧ワッシャーは油圧ナットの同製品でネジ山が切っていない(通し穴)仕様の製品です。
    通し穴仕様のためネジ山を傷めない。

  • 複数のボルトを同時かつ均一に締付けができます。(一度に40本同時締付も可能)

  • 油圧でボルトを引っ張って締め付ける為、フランジの表面やナットの座面を傷めない。
    また軸力管理による締付けで、摩擦の影響が無いためトルク管理よりも高精度な締付ができる。

58,000馬力の船舶用ディーゼルエンジン、M100の大型ボルト締め作業

58,000馬力の船舶用大型ディーゼルエンジンの大型ボルト締め M100ボルト・油圧ナット(油圧ワッシャ型)使用
油圧ワッシャー連結の取付図
お客様(某重工業)のM100ボルト締め現場状況
締結ボルト 船舶用大型ディーゼルエンジンのフランジボルト
ボルトサイズ M100
ボルト本数 12本
締結軸力 3,000 kN (300 ton)
頻度・課題 毎月、上記ボルトの締め緩め作業が必要で繰り返すので
工数低減が課題。

全ボルトを一度で同時かつ均一に締め付け

M100ボルト締め付け時間の比較
比較項目 従来の方法 NEW 油圧ワッシャー採用!
工具の準備時間 15分
(油圧レンチと油圧ポンプ)
15分
(油圧ポンプのみ)
ボルトへの装着時間 5分 3分(油圧ホース1本接続のみ)
1本目の締付時間 15分 3分(12本を同時に締結できる)
残り11本の締付時間 220分(20分×11本)
*装着5分と締付15分
すでに上記で締結済み。
ロック作業のみ12分
2回締めを
行うので
480分
*240分(12本分)×2回
0分
締め作業時間 495分(8.25時間) 33分
緩め作業時間 255分(4.25時間) 33分(上記同じ)
総合計時間 750分(12.5時間) 66分(1時間6分)

実に91%のコストダウンに成功!11.3倍のボルト締めスピードアップ

  • 複数のボルトを一気に締結できるので作業時間の短縮。
    そしてバラつかず均一に締め付けができます。

  • プラントのフランジボルトの締結にも多くの導入実績。

  • ボルトサイズは大口径のM20~M300まで対応。
    (上記以上の大型サイズや特注仕様も製造できます。お問い合わせください。)

ページ先頭へ