油圧ナット ロック型の特長

HOME > 油圧ナットTOP

油圧ナット M30~M180サイズの大型ボルト締め。

油圧ナットの特長・フランジボルト40本同時締付け

  • 締付け工具不要
    油圧ナットとは、ナット本体の油圧機能でボルトを引っ張って締結する画期的
    なナットです! ナット自体がボルトを締め付けます。ホースと接続するだけ
    なので締付け工具不要。「工具が入らない狭いボルト締め」で活躍します!

  • 複数ボルトを同時かつ均一締め付け
    油圧ナット ロック型は複数のボルトを同時かつ均一に締め付けができます。
    ボルトの締め付け軸力がバラつかず、フランジの片締めが起きません。
    プラントの圧力容器フランジのガス漏れや液漏れを解決します。
    フランジボルトを一度に40本同時締め付け実績をはじめ納入実績多数。
    フランジボルトの締結作業を短縮し92%のコストダウン事例

  • スピーディ 瞬時に均一締め付け。
    トルク管理工具で何度も何度も対角締めで均一に締め付ける作業が不要!
    ポンプに繋いで瞬時に均一締めができるので圧倒的にスピードが速い。

  • 高精度なボルトの軸力管理
    軸力管理による締め付けのため、トルク管理よりも高精度の締め付けができます。
    ねじらず、引張力での締め付けのため座面との摩擦の影響がなく
    「ボルトに直接、軸力を掛ける」ので正確に締付けることができます。

  • 焼付き、かじりが起きない
    ボルト締付け時、ねじらないので摩擦熱が発生せずナットとフランジ面の
    かじりやネジ部の焼付きが起きません。その為、特に大型ボルト締めに最適です。
    またボルトに曲げや、ねじれ応力も発生しません。

  • 大型ボルト締め M30~M180
    油圧ナットはボルトサイズ =M30~M180までの大型ボルト締めに対応。
    防爆エリアでも使用可能。特注で 200℃の高温仕様も製造できます。

  • プレス機の金型固定ボルトやタイロッドボルトにも
    成形プレス機や射出成形機の金型固定ボルトやタイロッドのボルト締めにもお勧め!
    油圧ナット(油圧ワッシャー)の導入で全数のボルトを一度に締結でき効率UP。
    プレス機のタイロッドの大型ボルト締めでも瞬時に締付け楽に作業ができます。

  • タービンのケーシング面合わせや素材の仮押さえ
    火力発電ガスタービンのケーシング面合わせの仮締めを大幅に時間短縮。
    素材の仮押さえにも活用し、共回りを防止。

  • 反力が不要。油圧トルクレンチのように反力を取る必要がありません。

油圧ナットの使用事例。蒸気タービンのケーシングボルト締め

蒸気タービンのケーシングボルトの並行締め。

油圧ナットでケーシングの面合わせ

油圧ナットでケーシングの面合わせ。仮締めを大幅に時間短縮

タービンのケーシング面合わせ

タービンのケーシングの面合わせで、瞬時にすき間を無くす。

油圧ナットの種類(油圧ワッシャー)

油圧ナットの側面カプラ仕様。上面カプラタイプもあります。

プレス機の金型ボルトの締め緩め作業

2000トンのプレス機の金型固定ボルトM33を瞬時に締め・緩め

油圧ナット 3~4インチボルト用

ボルト径3~4インチの大型ボルト締め用油圧ナット。

火力発電のガスタービンのボルト締め

火力発電のガスタービンのボルトを並行締め。バラつかず均一

油圧ナットでフランジボルトの均一締め

油圧ナットを全数連結してフランジボルトを一気に均一締め。

油圧ナットの納入

大型油圧ナットの納入:ボルト径4 inch、3-1/2 inch、3 inch

油圧ナットの応用例1分で分かる動画

油圧ナットとは、どういう目的で使われるのか?
工具が入らないような狭いボルト締めも可能です。
油圧ナットの使い方動画

油圧ナットはフランジボルトを同時に均一締め付け。

フランジボルトを丸ごと40本同時に均一締め付け。軸力管理して、バラつきません。

油圧ナットは狭い狭隘部のボルト締めも解決。

複雑な形状の狭隘部にあるボルト締め付け作業でも活躍。

工具の入らない狭い箇所でも可能。

工具の入らない箇所のボルト締付け作業工具の入らない箇所のボルト締付け作業

ボルトの共回りを解決する。

ナットを締めるとフランジの位置がずれる、共回りする箇所。

油圧ナットはベアリングの圧入ができます。

ベアリングの圧入においても簡単な作業で活躍する油圧ナット。

工作機械・スリッターの押さえにも活用

スリッターの刃の両端の押さえに活用。他にも様々な素材の押さえとして強力に固定します。

ページ先頭へ