超音波軸力計の特長

HOME > 超音波軸力計

超音波軸力計 Echometer ECM-1

超音波軸力計ECM-1の特長一覧

  • 超音波では最高クラスの高分解能
    「軸力 0.01kN、伸長 0.0001mm 」を実現。ボルトを高精度に軸力測定。

  • 大容量 8000件のデータ保存
    ボルトグループ、波形、軸力、伸長、時間(ナノ秒)、応力、歪みの測定データを保存。

  • 簡単オートセット機能
    複雑な操作は不要! オートセットボタンを押すだけで自動的にゲイン値を
    調整し、波形と検出点を最適化。簡単に軸力測定ができます。

  • 温度自動補正機能
    温度センサーが温度を感知して自動で音速の変化を補正。

  • 手のひらサイズの軸力計で小型軽量320g!
    首かけタイプの携帯ストラップ付きで高所や足場の悪い現場でも「両手が空くため安全」です。

  • ボルトの測定範囲
    ボルト径:M5以上、全長:25.4mm~2435 mmまで測定可能。

  • リミットアラーム機能
    HI / LOW リミットアラーム許容値設定、LED表示、バーグラフ。

  • 軸力計の使い方出張指導サービス付き
    軸力計の使い方出張指導も行っておりますので初めてのご利用でもご安心ください。

  • 超音波軸力計ECM-1の【販売・レンタル】ともに可能です。

軸力計の用途・活用例

  • ボルト締めのトルク値や回転角度を決定する指針に。
    トルク管理では締め付けトルクが一定でも摩擦の影響を受けて軸力はバラつきます。
    軸力測定によって実際の軸力値から締付けトルクの決定にも活用。

  • フランジボルトの締付けバラつきの確認。

  • 射出成形機や押出成形機の金型のボルト締結力の確認。

  • 超音波ボルト軸力計で軸力測定をしながらボルト締めをすることで高精度な軸力管理が可能。

  • ボルトの経年変化による残留軸力の確認。

  • ひずみゲージでは測定困難な小さなボルトや現場でのボルト測定にも活躍。歪みゲージのように全てのボルトを校正する必要がないので、多くのボルトをスピーディーに測定できます。

  • 非破壊でボルトの軸力測定ができます。

  • 油圧トルクレンチVS型を使用してボルトを締付けながら「リアルタイムに軸力測定」が可能。
    「トルク工具で軸力管理」ができます。

超音波ボルト軸力計 エコーメーター

超音波軸力計 エコーメーター
軸力 0.01kN、伸長 0.0001mm

ECM-1:小型軽量320g

超軽量320g、手のひらサイズ
の小型で高精度。

超音波軸力測定をしながら油圧トルクレンチで角度締め

油圧レンチVS型でボルトを締付ながらリアルタイムに測定。

マグネット式超音波センサー

マグネット式超音波センサー

超音波センサー(プローブ)

超音波センサー標準付属

軸力計の携帯キャリングケース

携帯キャリングケース付き 。

ページ先頭へ